選ぶときの注意点

教材

勉強効率をチェックして

自宅での学習がなかなか進まないという場合や、学校の授業についていけない場合、もしくは受験など高いレベルに向けて頑張りたい場合などに塾は活用されます。塾といっても、地域ごとに非常に種類は様々で、その質も大きく異なります。目的と子供との相性などもふまえつつ、よい塾選びをしなければなりません。まず基本として、担任制かどうかというチェックポイントがあげられます。単に宿題の面倒を見るだけならば担任制でなくてもよいかもしれませんが、それは多くの保護者が望むことではないでしょう。成績をあげたいのならば、教科ごとか完全担任制であるのが必要不可欠です。担任制でないと、引き継ぎなどが複雑になりますし、教え方がまちまちなので子供は混乱します。小学生くらいの幼い子供だと塾への慣れや親しみにも関係してきますし、高校生くらいになると逆に成績アップの効率に深く関係してきます。成績アップを意識するのなら担任制を選びましょう。また、講師の質も重要です。必ずしも講師の学歴が指導力と直結するわけではないですが、あまりに学歴が低いと最低限の知識も持っていないおそれもあります。地方だとこのリスクが少なからずあります。講師との相性の方が重要ではありますが、地方で不安なら入塾前に確認しておくとよいでしょう。中学生、高校生や、受験を控えた小学生か通うなら、自習室があるかもポイントです。必ず自習室があるところにしてください。ないのは施設としての怠慢といえます。これらのポイントは親として確認することができますが、子供へのヒヤリングも行い、相性や印象を確認することも大事です。

オススメ記事

英語

使う場所を考えよう

英会話を習いたいと考えているのなら、まずは日常で使うか、仕事で使うのかを考えなければいけません。どちらで利用するのか決定したのなら、数多くある書籍やスクールなどを比較して、自身に適切な学習方法を見つけましょう。

アルファベット

語学力を身につけたい

英会話学校を選ぶ上で重要な事の1つとして、場所選びが最初のステップとなり、その中に基本的な要素が三つあります。 先に説明したように、選択肢の多さ、アクセスの良し悪し、周辺環境、これらが基本的な三要素です。至極当たり前ですが、欠かせないポイントなのです。なんばは、これらを満たす代表的な場所の1つです。